行田市富士見工業団地協議会 設立50周年記念 祝辞

行田商工会議所
会頭 小川雅以

行田市富士見工業団地協議会が、このたび設立50周年を迎えられましたこと、心からお祝い申し上げます。

行田市富士見工業団地協議会は、高度経済成長の流れの中、昭和42年富士見工業団地へ立地された企業により昭和43年に設立されました。それにより従来の繊維産業と新たに機械、電機等の工業が拡大し、行田市の商工業発展に大きな役割を果たしてこられました。歴代会長、現細村会長、また会員企業の皆様の半世紀のわたるご尽力に敬意を表するとともに、団地協議会会員企業一丸となって幾多の困難を乗り越え、地域の商工業発展に多大な貢献をしてこられことに対して心から感謝をいたします。

この50年間、設立当初の多くの御苦労と数々の難題に直面しながらも、経営の合理化、企業業績の向上、各企業の連携、親睦など、協議会という場で話し合い、情報を共有することにより解決策を見出し、時代の変化に着実に対応してきたことだと感じております。また先人たちが残した実績は知恵と汗の結晶であり、富士見工業団地協議会の歴史そのものであります。その教訓を次の時代に引き継ぎ、ますます発展させ、地域の商工業発展にさらなる充実した活動を展開していくことを期待しております。

現在、我が国経済は、雇用・所得環境の改善が続く中で景気回復が期待されており、輸出や生産の持ち直しが続くとともに、個人消費や民間設備投資が持ち直すなど、経済の好循環が実現しつつあります。この経済の成長軌道を確かなものとし、少子高齢化という最大の壁に立ち向うため、持続的な経済成長を実現していかなければなりません。このような状況下、行田市富士見工業団地の各企業におかれましては、日々業務改善、業績向上に努力され、地域発展に貢献している皆様への期待は大きく、その役割は重要であると考えております。

当所といたしましても、地域経済の振興を図るべく、経済環境やニーズの変化をしっかり捉え、会員事業所を積極的に支援し、各施策、事業を展開してまいります。また当所と深い繋がりのある富士見団地協議会の皆様と連携をとり、各事業において積極的に協力を図り、さらなる事業展開を行って参ります。

皆様方におかれましても、節目となる50周年を契機として、強い団結力でさらなる研鑽を積まれ、地域商工業振興のため一層ご尽力いただき、ますますのご盛栄を心からご祈念申し上げまして、お祝いの言葉とさせていただきます。